「大企業」「公務員」を見限りはじめる若者たち。大企業や官僚に行ってどうする?

Kataoka By: Kataoka | Posted: 2021/06/13

SHARE:
とりあえず大企業や官僚に行った人のその後
どうもこんにちは。就活アドバイザーの片岡です。

大企業や官僚を目指してとりあえず入ったものの、その後“コレジャナイ感”を抱いてキャリアを彷徨う若手社会人の話をします。

というのも最近アルファ(アルファでは就職活動だけでなく転職活動もサポートしています。)では、まさしく大企業や中央省庁に入ったものの「先行きに不安」「上が詰まっていて出世の可能性も乏しい」「横並び意識に辟易する」「寝ているオジサン社員が自分の倍以上の給料をもらっていることを知って驚愕した」というご相談を大量にいただいております。コロナの影響で大企業も事実上の解雇を余儀なくされている昨今の中、まさしくアルファは大企業や中央省庁の若手社会人の駆け込み寺と化しました。

大企業の全てを否定するわけではないですが、「国内営業」や「リテール営業」といったその後のキャリアの展開が乏しい職種に配属されてしまった若手社会人は上記のように今様々な不安に直面しています。

そこで就活生の皆さんにも考えていただきたいのですが、「安易に大企業に入っておけば大丈夫」と考えていませんか?「大企業や中央省庁といった“エリートっぽい”組織に入っておけば、あとは組織が自分を何とかしてくれるだろう」と思っていませんか?会社は皆さんの人生に責任を持ってくれる訳では決してありません。ましてや求めている“やりがい“は会社の採用マーケティングが作り出した“幻想”かもしれません。

では新卒で歩むべきキャリアはどこなの?と思うかもしれませんが、我々プロと一緒にキャリア戦略から練っていきましょう!ぜひアルファに相談してください。

皆様からのご相談をお待ちします!!

無料相談はこちらから!> [無料相談](https://www.alpha-academy.com/mypage/messages)

▼元記事

ここから先の閲覧にはログインが必要です

ログイン・会員登録はこちら
SHARE:

最新の投稿


© アルファ・アドバイザーズ

利用規約   特定商取引法に基づく表示