【体育会系の就活①】体育会系は就活に強いのか!?体育会系のリアル!

Yusuke Kuroiwa By: Yusuke Kuroiwa | Posted: 2022/01/17

SHARE:

【体育会系の就活①】体育会系は就活に強いのか!?



【筆者】体育会系出身。早稲田野球部→就活失敗→Hult留学→ボストンヘッジファンド。就活や留学、海外就活について語っていきます。無料相談はこちらから!→ https://www.alpha-academy.com/mypage/messages



体育会系就活の罠

 一般的に「体育会系は就職活動に強い!」と言われますが、果たしてそうでしょうか?確かに一昔前の就職活動は体育会系の圧勝でした。総合商社、メーカー、メガバンク、大手証券、大手不動産など就活の実績を上げればキリがありません。私の部活動の先輩には元パナソニックの副社長まで上り詰めた方もいました。ただ現在はどうでしょうか?




目次

  1. 体育会系のリアルな就活事情

  2. 就職した後のキャリア

  3. 就活で陥りがちな罠!

  4. 就活で失敗しないために


1.   体育会系のリアルな就活事情

 経験則から言うと決して体育会系は就活に強くありません!いや強くなくなったというべきでしょうか。実際に私の同級生には地銀やベンチャーなどに行って就活を終えている人もいます。一昔前は先輩のコネがあり、他の学生とは全く違う選考プロセスで進んでいったと聞いたこともあります。しかし日本企業の経営が厳しくなっていく中、すでに体育会系の素直でまじめで聞き分けの良い学生を育てようとする余裕がなくなっているように思います。世間は「即戦力」を求めるようになっているのです。



 確かに私の先輩や同級生、後輩にも総合商社に内定した人たちがいます。しかしそういった人たちは学業オールA、TOEIC900点持ち、帰国子女、レギュラーなのにGPA4.0&数々の資格持ちなどいわゆる体育会系の中でもハイスペックな人たちばかり。。。英語は話せて当たり前なのです。



 しかしそんな方たちでも外資系企業では内定を取ることができませんでした。実際私の周りには外資系企業で働いている先輩は1人だけです。なので体育会系学生は最高総合商社という就活状況です。




2.   就職した後のキャリア

 「頑張れば総合商社にいけるって結構良いじゃん!」と思った体育会系の方、ちょっと待ってください!その考えは非常に危険です。なぜならまず英語は話せるという大前提があり、スポーツに幼少期から打ち込んできた皆さんはこの基準にも達していない人が大半ではないでしょうか?



 しかしもっと悲惨なのは就職した後です。総合商社に入社した方のはなしをきくと「仕事がつまらない」「誰でもできる仕事をさせられる」「入社して右も左もわからない、上司から見限られて早々に出世ルートから脱落した」「トレーディングのような花形とは程遠い仕事ばかりやらされる」「国内営業がほとんど、営業先と飲みに行くだけ」「転職しようとしてもスキルがないのでまともな仕事がない」とさんざんです。皆さんが憧れる様なグローバルでダイナミックな仕事とは程遠い世界が待っています。現実は厳しいのです。

 


3.   就活で陥りがちな罠!

 なぜこのような悲惨な就活になってしまうのでしょうか?経験則からいくつかまとめてみました。


①ブランド志向

 スポーツ選手は見栄を張る生き物です。「大企業にいければそれで良い」と思っていませんか?自分のメンツを守るために「何がしたいか?」ではなく単に企業の名前、ブランドで決めていませんか?少なくとも早稲田で就活していた時の私はそのような状況でしたし、「恥ずかしくない企業に行きたい」と思っていました(多くの学生がそうだったと思います)。


②自分のやりたいことが分からない

 自分のやりたいことが分からなければどこに行きたいかわかりませんよね?どの企業で何をしたいのでしょうか?それはなぜでしょうか?スポーツばかりやっていると目の前の競争で手いっぱいになってしまい、そんなことを考える余裕もないのではないでしょうか?だから「とりあえず大企業!」となってしまうのだと思います。


③体育会系は就活に強いと思っている

 散々話してきたように、体育会系の就活は強くありません。ではなぜ体育会系神話がここまで浸透しているのでしょうか?


 理由としては昔は強かった、というのが原因です。先述したように昔の体育会系学生は他の学生とは違う選考ルートで、先輩のコネを使い入社していました(いわゆる体育会系枠です)。しかし現在はそのようなものはありません。なぜか?理由は日本企業の経営が苦しくなり、学生を育てようとする風潮がなくなっているからです。「余裕がないから即戦力の学生が欲しい!」という事ですね。きわめて合理的だと思います。しかし当の体育会系学生は先輩から「部活やってれば就活なんて楽勝だよ!」と聞かされているものですから就活を舐めてしまうわけです。このギャップが悲惨な結末を招いているわけです。




4.   就活で失敗しないために

 まず以下の5項目を見てください

①グローバル経験

②ビジネス経験

③エッジ(IT、金融、会計、法務など)

④優秀な成績&資格

⑤リーダーシップ


 この5つが自分に身についていないと思う体育会系学生は絶対に就活してはいけません。結果は目に見えています。結論この5つのスペックを手に入れてから就活を始めましょう。ではこれらを手に入れるためにどうすればよいのか?それを次回の記事で話していきたいと思います。




----------------------------------------------------------------------


お知らせ


アルファでは毎年100名以上、海外大生や交換留学生を個別指導しています

就職活動に乗り遅れて後悔しないよう、ガッツリやりましょう

ゴールドマン、モルスタ、マッキンゼー、BCG、三菱商事、三井物産、GAFAM、P&G等

外資、商社にご興味のある方はぜひ無料相談ください


無料相談はこちらから>[無料相談] https://www.alpha-academy.com/mypage/messages

>アルファ・カレッジ公式Twitter: @alphacollegejp


ここから先の閲覧にはログインが必要です

ログイン・会員登録はこちら
SHARE:

最新の投稿


© アルファ・アドバイザーズ

利用規約   特定商取引法に基づく表示