【デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社】M&Aコンサルタント/アドバイザー、クライシスコンサルタント/アドバイザーの募集【本選考】(9/22  23:59 Web締切)

Shoko Kanaya By: Shoko Kanaya | Posted: 2021/08/24

SHARE:

DTFA会社概要

DTFAは、日本有数のビジネスプロフェッショナル集団、デロイト トーマツ グループの一員として、日本におけるFAの分野の核を担う会社です。主要サービスであるM&Aにおいては、クライアントが成長できるようにDealを成功に導くCFA(コーポレートファイナンシャルアドバイザリー)部門、財務デューデリジェンスを主軸とし、企業価値評価に向けた財務分析を行うTRS(トランザクション)、企業価値評価サービスを行うV&M(バリエーション&モデリング)部門、およびPreM&A、ビジネスデューデリジェンス、PMI(Post Merger Integration)まで各フェーズにおける戦略策定サービスを提供するCS(コーポレートストラテジー)部門、Digital/Technologyを軸にM&A等のトランスフォーメーションにおける各フェーズをご支援するM&A Digital(M&Aデジタル)部門が連携して、戦略立案からディールの実行支援、統合後におけるPMIまで、M&Aライフサイクルにおいてトータルにサービス提供しています。
また、DTFAの提供するサービスには、M&Aの他に、クライシスマネジメントと呼ばれる企業の危機(クライシス)に際して提供するサービスがあります。経営状況が厳しい企業の支援をするリストラクチャリング(企業再生)サービス、また法令等に抵触するような企業の不正行為や不祥事、情報漏洩といったクライシス・インシデントにおいて実際の問題解決のために様々なサービスを提供するF&CMサービスを提供しています。また、今年からサービス強化のため、インフラ調達、インフラM&A、国際開発及びキャピタル・プロジェクトという4つのビジネス領域から、民間クライアントと公共クライアントの双方に対する複合的なアドバイザリーサービスを行うI&CP(インフラ&キャピタルプロジェクト)部門、技術・ビジネス・ブランドなど知的財産に関する戦略策定やM&A系サービスの知財DD/VALなどを提供するIPG(インテレクチュアルプロパティグループ)部門も新卒採用を開始することとなりました。DTFAには、自分の意見をどんどん発信していける風通しの良い環境、そして多様性を認める風土があります。会社の将来を担っていただける意欲ある方々にお会いできますことを楽しみにしています。

業務内容

M&Aアドバイザリー/コンサルティング
クライシスマネジメントアドバイザリー/コンサルティング

募集職種/部門

・コーポレートファイナンシャルアドバイザリー
・コーポレートストラテジー
・バリエーション&モデリング
・M&A デジタル
・インテレクチュアルプロパティグループ
・リストラクチャリングサービス
・フォレンジック&クライシスマネジメント
・インフラ&キャピタルプロジェクト

※入社後、まずは一定期間、上記の中からいずれか2つを計画的にローテーション配属を実施。希望や適性により本配属となります。

応募資格

以下の資格を満たし2023年4月1日に入社可能な方が対象です。
・2023年3月に大学、大学院を卒業見込みの方
・または2023年4月1日時点で4年制大学、大学院を卒業後2年以内で、正規雇用での就業の経験を持たない方


ここから先の閲覧にはログインが必要です

ログイン・会員登録はこちら
SHARE:

最新の投稿


© アルファ・アドバイザーズ

利用規約   特定商取引法に基づく表示